Myページサービス

利用カード番号
パスワード

資料を探す

本・雑誌・音楽・映像を探す。情報の調べ方を知る。

ホーム
お知らせ・更新情報
2012年度履歴
電算システム更新に伴う休館のお知らせ

電算システム更新および蔵書点検のための休館のお知らせ

最終更新日 2013年02月01日
| Share

長期休館のため、貸出期間が4週間、貸出点数は倍になります。

成田市立図書館は、新しい電算システムを導入します。
この電算システムの更新および蔵書点検のために、2月14日(木曜日)から2月28日(木曜日)の間休館します。

休館期間:2月14日(木曜日)から2月28日(木曜日)

カレンダーの地の色が赤色の日が休館日です。

2013年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
2月11日(月曜日)は、本館のみ(AM 9時30分からPM 5時まで)開館します。
2月12日(火曜日)は、本館のみ(AM 9時30分からPM 7時まで)開館します。

分館、移動図書館

分館、移動図書館含めた全館で休館します。

貸出期間、貸出点数

2月1日(金曜日)から2月13日(水曜日)の貸出期間が 4週間になります。
また貸出点数も倍になります。

貸出期間が4週間のときの貸出点数
登録 貸出点数
図書・雑誌 音楽資料 映像資料
市民・通勤・通学 20冊 4点 2点
市外 6冊 - -

貸出期間が4週間のときの返却期限日
貸出日 返却期限日
2013年2月1日(金曜日) 2013年3月1日(金曜日)
2013年2月2日(土曜日) 2013年3月2日(土曜日)
2013年2月3日(日曜日) 2013年3月3日(日曜日)
2013年2月5日(火曜日) 2013年3月5日(火曜日)
2013年2月6日(水曜日) 2013年3月6日(水曜日)
2013年2月7日(木曜日) 2013年3月7日(木曜日)
2013年2月8日(金曜日) 2013年3月8日(金曜日)
2013年2月9日(土曜日) 2013年3月9日(土曜日)
2013年2月10日(日曜日) 2013年3月10日(日曜日)
2013年2月11日(月曜日)本館のみの開館 2013年3月12日(火曜日)
2013年2月12日(火曜日)本館のみの開館 2013年3月12日(火曜日)
2013年2月13日(水曜日) 2013年3月13日(水曜日)

ブックポスト

2月14日(木曜日)から2月28日(木曜日)の間は、ブックポストが利用できません。

インターネット予約

2月14日(木曜日)から2月28日(木曜日)の間は、停止します。

3月1日(金曜日)より新しいサービスが始まります。

1.予約が便利になります。

上下巻やシリーズなど読みたい順に割当たるように予約できるようになります。

2.視聴覚資料が利用しやすくなります。

音楽資料(CD)、映像資料(DVD、ビデオ)、付録にCD-ROMなどが付いている資料の貸出、返却が分館でもできるようになります。(貸出には予約が必要です。)

3.自動貸出機が新しくなります。

貸出がしやすくなります。

4.自動電話サービスが拡大します。

24時間いつでも電話で延長や予約の確認ができるようになります。(暗証番号が必要です。)
また、開館日も確認できます。

5.デジタル資料の点数が倍増します。

「赤い鳥」で有名な鈴木三重吉関連のデジタル資料が10点から39点になります。
自筆原稿や加筆原稿、掛け軸などが加わります。

6.WebOPACが変わります。

1) 7つのデータベース(注1)を横断検索する機能と、情報ポータルの機能がバージョンアップします。
  図書、雑誌、音楽、映像、新聞記事、郷土分類、地域コードといったジャンル検索機能と、国立国会図書館サーチなどと同時検索をおこなえるようになり、資料検索機能が向上します。
 2) 「この本よかった」ボタンによるソーシャル機能が始まります。その資料を読んで「よかった」「いまひとつ」と投票した人の数が分かるようになります。

注1) 7つのデータベースとは、現在でも提供している横断検索の機能です。
1) 蔵書(図書雑誌視聴覚資料)+千葉県立図書館所蔵資料、2) レファレンス事例
3) 調べ方案内、4) 成田市関係新聞記事、5) 成田のむかし、6) デジタル資料、7) 情報源サイトを指します。

7.館内OPACが便利になります。

1) 書庫だけでなく、公開書架にある資料のレシート印刷も可能になります。
2) 館内OPACにバーコードリーダーが付いて、資料をスキャンすると同じ著者、シリーズ、件名の本を素早く検索できるようになります(3月10日開始)。
3) 館内OPACにバーコードリーダーが付いて、利用カードをスキャンすると、貸出中点数、予約点数がすぐ確認できるようになります。

8.Myページサービスが便利になります。(パスワードが必要です。)

1) おすすめリストがバージョンアップします。貸出中資料、予約資料、My本棚の資料を基に関連する資料を紹介するリストアップ方法を改良します。
2) 今度読みたい本が機能アップします。今度読みたい本に貸出資料からも登録できるようになり、「My本棚」になります。コメントを入れられるだけでなく、タグを入れて、グループ分けして並べ替えできるようになります。
3) 「この本よかった」サービスが始まります。借りている資料に「よかった」「いまひとつ」を投票できるようなります。OPACから何人が投票したかみえるようになります。誰が投票したかという履歴データは残しません。
4) 検索を保存できます。定期的に調べたい検索を保存しておけるようになります。またこの検索式を新着案内用に設定することもできるようになります。
5) 事前通知ができるようになります(リマインダーサービス)。メールで貸出期限日前に知らせることと、利用カードの更新期限日前に知らせることができるようになります。
6) 予約資料の割当順を自由に設定、変更できるようになります。

9.予約受取コーナーを本館に新設します。

セルフで予約資料の受取、貸出ができるようになります。

10.本館1階、2階のパソコン席の予約がセルフになります。

パスワードが必要になります。

11.ホームページのアドレスが変わります。

http://www.library.narita.chiba.jp

http://www.library.city.narita.lg.jp

地域型ドメイン library.narita.chiba.jp からLG.JPドメインに変更します。このLG.JPドメインは地方公共団体専用のドメインなので、安心して利用できる証明となっています。