資料を探す

本・雑誌・音楽・映像を探す。情報の調べ方を知る。

ばんざいいちねんせい2022ねんどばん

最終更新日 2022年04月15日

関連情報

絵本

『おふろだいすき』

松岡享子/作 林明子/絵 福音館書店
ぼくは、おふろがだいすきです。あひるのプッカをつれて、おふろにはいっていると、おふろのそこから、おおきなかめがういてきました。ペンギンやオットセイ、かばに、くじらもやってきました。みんなでからだをあらって、かたまでおゆにつかります。

『なかよしの犬はどこ?』

エミリー・サットン/作・絵 のざわかおり/訳 徳間書店
ペニーは、ひっこしてきたばかりで、ともだちがいないので、げんきがでません。にわにすわっていると、ちいさないぬがやってきました。いちにちじゅうあそんで、「あしたも、あそべる?」とペニーがきくと、いぬは「ワン!」とこたえました。ところが、つぎのあさ、いぬは、いませんでした。ペニーは、いろんなおみせで、いぬのことをきいてみることにしました。

『はちかづきひめ』

長谷川摂子/再話 中井智子/絵 福音館書店
むかしあるところに「はちかづき」とよばれる、おんなのこがいました。おんなのこは、おおきなはちをすっぽりかぶっていて、おきていてもねていてもけっしてぬぐことはありませんでした。

『はるかぜさんといっしょに』

にしまきかやこ/えとぶん こぐま社
こんちゃんが、にわのさくらのきのしたで、えほんをよんでいると、はるかぜさんが、さあーっとふいて、さくらのはなびらを、とばしました。こんちゃんが、いぬのしろと、はなびらのあとをついていくと、じめんからかおをだしたへびも、うしろからついてきました。まちのひとたちもついてきて、ながいぎょうれつになりました。

『4ひきのちいさいおおかみ』

スベンヤ・ヘルマン/文 ヨゼフ・ヴィルコン/絵 石川素子/訳 徳間書店
ほしのきれいなよる、4ひきのおおかみのこどもが、すあなで、めをさましました。そとにでたくてたまらなくなった4ひきは、おかあさんのかえりをまたずに、よるのもりへ、あるきだしました。

物語の本

『くまの子ウーフ』(シリーズあり)

神沢利子/作 井上洋介/絵 ポプラ社
ウーフは、あそぶこと、たべること、かんがえることがだいすきな、くまのこです。あるひ、ウーフは、かわでおよいでいるめだかをみて、さかなになりたいとおもいました。かわにいたふなは、ウーフに「さかなになるには、つらいしゅぎょうがいるんだぞ」といいました。

『ねこ学校のいたずらペーター』

アンネリース・ウムラウフ=ラマチュ/作 アダルベルト・ピルヒ/絵 杉山香織/訳 徳間書店
ねこのまちにすむ、くろねこのペーターは、うまれて6しゅうかんになったので、しょうがっこうへいくことになりました。おっちょこちょいなペーターは、ねんどのねずみを、ほんものとまちがえてかじったり、みんなのおやつのミルクのおおざらにとびこんだりと、しっぱいばかり。それでも、ゆかいなともだちと、まいにちたのしくがっこうにかよいます。そんなあるひ、ねこのまちで、だいじけんがおこります。

言葉の本

『こんとごん てんてんありなしのまき』

織田道代/ぶん 早川純子/え 福音館書店
「おひさま きらきら」
「おひさま ぎらぎら」
「ふた」と「ぶた」
「たいや」と「だいや」
おなじような ことばでも、「゛」がつくと、いみや、イメージがかわります。きつねの、こんと、ごんといっしょに、「゛」の「あり」と「なし」のちがいをみてみましょう。

科学の本

『たけのこなんのこ?』

ひさかたチャイルド
「たけのこ」は、「たけ」の「こども」といういみの、なまえです。たけのこが、のびるスピードは、とてもはやく、つちからでて、50にちくらいで、たかさ10メートルいじょうの、たけになります。たくさんのしゃしんで、たけのこについて、しょうかいしているほんです。みなさんも、たけのこのひみつを、のぞいてみませんか。