資料を探す

本・雑誌・音楽・映像を探す。情報の調べ方を知る。

ばんざいいちねんせい2019ねんどばん

最終更新日 2019年04月20日
| Share

関連情報

絵本

『ペレのあたらしいふく』

エルサ・ベスコフ/さく・え おのでらゆりこ/やく 福音館書店
ペレは、じぶんだけのこひつじを、1ぴきもっていました。あるひ、ペレはおおきくなったので、こひつじのけをかりとって、あたらしいうわぎをつくることにしました。

『やぎのアシヌーラどこいった?』

渡辺鉄太/さく 加藤チャコ/え 福音館書店
スタマティスじいさんは、とてもものぐさです。らくに、にわのくさかりをしたいとおもったじいさんは、あるひ、やぎをかってきました。やぎのアシヌーラはよくはたらいたので、たちまち、にわはきれいになりました。すると、とおりかかったひとが「ビール3ぼんとひきかえに、やぎをかしてほしい」といいました。

『こぶじいさま』

松居直/再話 赤羽末吉/画 福音館書店
むかし、あるところに、おおきなこぶのあるおじいさんがいました。あるひ、おじいさんは、やまでおおぜいのおにが、うたったり、おどったりしているのをみました。はじめはこわがっていたおじいさんでしたが、おにのおどりがおもしろいので、とうとう いっしょにおどりはじめました。

物語の本

『こんにちはといってごらん』

マージョリー・W.シャーマット/作 リリアン・ホーバン/絵 さがのやよい/訳 童話館出版
ねずみのおんなのこバネッサは、はずかしがりやで、なかなかともだちがつくれません。ともだちをつくることは、せかいでいちばんおっかないことだとおもっています。でも、おかあさんに「こんにちはっていえばいいのよ」とおしえられ、バネッサはゆうきをだして、がっこうで「こんにちは」とあいさつをしはじめます。

『きかんしゃやえもん』

阿川弘之/文 岡部冬彦/絵 岩波書店
としよりきかんしゃのやえもんは、いつもいばってばかり。だから、だれもあいてにしてくれません。そんなあるひ、おこりすぎたやえもんは、ひのこでかじをおこしてしまいます。やえもんは、とうとうこわされることになりました。

『おかあさんだいすき』

まーじょりー・ふらっく/文と絵 岩波書店
あるところに、だにーというおとこのこがいました。きょうは、おかあさんのたんじょうびですが、なにをあげたらいいかわかりません。そこで、だにーは、おかあさんにあげるものをさがしにでかけました。でも、だれにきいてもわかりません。だにーは、さいごに、くまさんのところにききにいきました。

言葉の本

『たべものうた』

たかぎあきこ/うた やまわきゆりこ/え リーブル
おにぎり、とんかつ、ぎょうざ、ピザパイ、にくまん、ハンバーガー、バーベキュー、カレー。おいしいたべものがでてくる、ことばのえほんです。みんなのすきなたべものも、でてくるかな?

科学の本

『みんなうんち』

五味太郎/さく 福音館書店
だれでも、うんちをするよね。さかなもうんち、とりもうんち、むしもうんち。いろんなどうぶつ、いろんなうんち、いろんなかたち、いろんないろ、いろんなにおい。そう、いきものはたべるから、みんなうんちをするんだね。

『みつけたよ!だんごむし』

ひさかたチャイルド
だんごむしは、みんなのちかくにいる、ちいさなむしです。だんごむしのとくいわざは、からだをぎゅっとまるくすること。まえからみても、よこからみても、まんまるです。だんごむしがすきなたべものや、からをぬいでおおきくなっていくようすも、しょうかいします。