資料を探す

本・雑誌・音楽・映像を探す。情報の調べ方を知る。

ばんざいいちねんせい2014ねんどばん

最終更新日 2017年05月25日
| Share

関連情報

ものがたり

『どろんここぶた』

アーノルド・ローベル/作 岸田衿子/訳 文化出版局
こぶたは、たべることがだいすき、かけまわることもだいすきです。でもなによりすきなのは、やわらかいどろんこのなかにすわっていることでした。ところがあるひ、おひゃくしょうのおばさんがそうじをして、だいすきなどろんこがなくなってしまいました。そこでこぶたは、どろんこをさがしにいえをとびだします。やっとまちでどろんこをみつけたこぶたは、おおよろこびでどろんこのなかへ。でもこのどろんこ、なんだかすこしへんなのです。

『こんにちはといってごらん』

マージョリー・W.シャーマット/作 リリアン・ホーバン/絵 さがのやよい/訳 童話館出版
ねずみのおんなのこバネッサは、はずかしがりやで、なかなかともだちがつくれません。ともだちをつくることは、せかいでいちばんおっかないことだとおもっています。でもおかあさんに「こんにちはっていえばいいのよ」とおしえられ、バネッサはゆうきをだして、がっこうで「こんにちは」とあいさつをしはじめます。

『ひとまねこざる』

H.A.レイ/文・絵 光吉夏弥/訳 岩波書店
ジョージは、どうぶつえんにすむ、とてもしりたがりやのさるでした。あるひ、そとのせかいをしりたくて、どうぶつえんからぬけだしました。そとにでたら、じぶんをとおいアフリカからつれてきた、なかよしのきいろいぼうしのおじさんに、あえるかもしれません。

『おひさまはらっぱ』

中川李枝子/さく 山脇百合子/え 福音館書店
さちこのいえのとなりのあたらしいいえに、おじさんとおばさんがひっこしてきました。あるひ、ほいくえんのかえりにさちこは、となりのおばさんにあいました。おばさんは、さちこをいえまでおくってくれるといいましたが、さちこがとなりのいえのこだとはしりません。
たのしいおはなしがもりだくさんの1さつです。おなじみのぐりとぐらのおはなしもはいっています。

えほん

『しずかに!ここはどうぶつのとしょかんです』

ドン・フリーマン/さく なかがわちひろ/やく BL出版
あるところに、カリーナというおんなのこがいました。カリーナは、まいしゅうどようびに、かならずとしょかんへいきます。あるひカリーナは、どうぶつがたくさんでてくるほんをよんでいて、すてきなことをおもいつきました。「わたしがとしょかんのひとだったら、どうぶつだけがとしょかんにはいれる、とくべつなひをつくるのに・・・」と。

『かもさんおとおり』

ロバート・マックロスキー/ぶんとえ わたなべしげお/やく 福音館書店
かものマドラーさんとマドラーおくさんは、すをつくるばしょをさがしていました。そして、ちょうどよいしまをみつけ、みずべのしげみのなかに、すをつくりたまごを8つうみました。たまごがかえると、おくさんは、こどもたちにいろいろなことをおしえました。やがて、こどもたちがおおきくなると、かもたちはまちのなかにあるこうえんに、ひっこすことになりました。けれども、こうえんにつくまでは、あぶないみちをとおらなくてはなりません。

『わたし』

谷川俊太郎/ぶん 長新太/え 福音館書店
わたし・・・おにいちゃんからみるといもうとで、いぬからみるとにんげん。きりんからみるとちびで、ありからみるとでか。わたしはひとりなのに、なんだかちがうひとになったみたいでふしぎです!

『みんなうんち』

五味太郎/さく 福音館書店
だれでもうんちはするよね。
さかなもうんち、とりもうんち、むしもうんち。いろんなどうぶつ、いろんなうんち、いろんなかたち、いろんないろ、いろんなにおい。
そう、いきものはたべるから、みんなうんちをするんだね。

ことば

『しりとりあそびえほん』

石津ちひろ/文 荒井良二/絵 のら書店
いっしょにしりとりしてみましょう。
たとえばはるのしりとりは、
ともだち、ちょう、うぐいす、すいーとぴい・・・と、つづきます。あかるくてゆかいなえがたのしい1さつです。