資料を探す

本・雑誌・音楽・映像を探す。情報の調べ方を知る。

ホーム
利用案内
資料の探し方
横断検索の使い方

横断検索の使い方

最終更新日 2010年03月15日
| Share

横断検索の使い方

横断検索結果画面
横断検索結果画面
図書、雑誌、AV(音楽・映像)資料のいわゆる蔵書以外のデータベースをご案内します。
検索は、キーワード検索ではなく、全文検索です。
すべてのデータベースにおいてカナヨミを生成しているので、蔵書と同じくヨミで検索できます。
新規検索では、「すべて」と「タイトル」が選択できます。
絞り込み検索では、「すべて」「タイトル」「出版年」が選択できます。
各項目の説明
「すべて」は、タイトルだけでなく、解題、件名などもあわせて検索します。
「タイトル」は、書名、シリーズ名、副書名、記事見出し、タイトルを検索します。
「出版年」は、蔵書とデジタル化資料、成田のむかしは、出版年の西暦4桁で絞り込めます。新聞記事は、記事の年を西暦4桁yyyy形式か、年月日をyyyymmdd形式で絞り込めます。
例)
出版年2010年のとき、「2010」
2007年2月6日のとき、「20070206」 と入力します。

レファレンス事例データベース

レファレンス事例データベースの例
レファレンス事例データベースの例
レファレンス(Reference)とは、調査・研究に必要な資料の紹介や資料の所在確認、また調べものについて、資料に基づいて事実情報などを回答するサービスです。
図書館が実際に受けたレファレンスをプライバシー情報に配慮して事例データベースとして公開します。回答できなかった事例についてもGive Up事例として公開しています。
検索対象
「タイトル」: 質問内容、回答内容、キーワード
「すべて」: 質問内容、回答内容、キーワード、件名
「出版年」: 検索対象外

パスファインダー

パスファンダーの例
パスファンダーの例
パスファインダー(Pathfinder)とは、特定の主題に関する情報収集を図書館で行うときの,”最初のとっかかり”となる図書館資料のガイド、チェックリストのようなものです。
特定のテーマを扱いますが、すべてを網羅したブックリストではありません。
個々のパスファインダーは印刷用のフォーマット(スタイルシート)を設定しているので、印刷して利用することが可能です。
図書館では、よく尋ねられるテーマについてパスファインダーを作成し、資料や情報を自分で探すためのサポートをしていきます。
検索対象
「タイトル」: タイトル、キーワード
「すべて」: タイトル、キーワード、件名
「出版年」: 検索対象外

※タイトルに「パスファインダー」と入力すると登録してあるものがすべて検索できます。

成田市関係新聞記事データベース

成田市関係新聞記事の例
成田市関係新聞記事の例
成田市立図書館は、成田市に関係する新聞記事をデータベース登録しています。
成田市が成立した7町村合併の1954(昭和29)年から成田市域に関する主な記事見出しを採録しています。
2010年3月現在で、1954年から2007年までが検索対象で、約3万2千件が検索できます。毎年度、2年前のデータを追記していく予定です。
採録新聞
  • 千葉日報(1957年から)
  • 朝日新聞(1954年から)
  • 毎日新聞(1954年から)
  • 読売新聞(1954年から)
  • 千葉新聞(1954年から1956年)
記事は原紙もしくはマイクロフィルムで所蔵していますので、複写を依頼することができます。(要実費)
各記事は、成田市立図書館による新聞記事分類を振っており、分類による再検索が可能です。
検索対象
「タイトル」: 見出し、シリーズ名、キーワード
「すべて」: 見出し、シリーズ名、キーワード、件名
「出版年」: 年を西暦4桁(yyyy形式)、年月日を西暦4桁 月2桁 日2桁(yyyymmdd形式)

成田のむかしデータベース

成田のむかしの例
成田のむかしの例
子ども達が、地域のことを学ぶとき、図書館の検索システムに調べたいこと(言葉)そのものを入れてても大抵はヒットがありません。
そこで成田市立図書館は、昔の地域の行事や家々の習わし、農作業のことなどを物語調にまとめたリーフレット『成田のむかし』(16巻発行)をオンラインで全文検索、閲覧、PDF形式でダウンロードできるようにしました。
著者は、成田市に生まれ育ち、市内の小中学校で長く教員を勤めた蛭田光城さん(1920(大正9)年から2009(平成21)年)です。
検索対象
「タイトル」: タイトル、副書名、シリーズ名、目次
「すべて」: タイトル、副書名、シリーズ名、目次、件名
「出版年」: 出版年

※タイトルに「成田のむかし」と入力すると登録してあるものがすべて検索できます。

デジタル化資料データベース

デジタル化資料の例
デジタル化資料の例
成田市立図書館が所蔵する地域資料をデジタル化し、解題、書き下し文を付与したデータベースです。
全文による検索、閲覧できます。
2010年3月現在では、図書館に寄贈された鈴木三重吉関係の書簡10点を公開します。
検索対象
「タイトル」: タイトル、副書名、シリーズ名
「すべて」: タイトル、副書名、シリーズ名、著者、件名、解題、書き下し文
「出版年」: 出版年

※タイトルに「鈴木三重吉」と入力すると登録してあるものがすべて検索できます(2010年3月現在)。

電子情報

電子情報の例
電子情報の例
インターネット上の情報源となるサイトを成田市立図書館が解題をつけてまとめたものです。
検索対象
「タイトル」: タイトル
「すべて」: タイトル、解題
「出版年」: 検索対象外